贈り物のタブー

新札会社の設立祝いのタブーにはどのようなものがあるのでしょうか。喜ばれるために贈ったはずが、相手の気分を害してしまったら目も当てられません。しっかりとタブーを把握して会社の設立祝いを贈るようにしましょう。

基本的なことではありますが、相手の会社の名前は絶対に間違えないようにしましょう。そして、贈り物を現金にする場合は新札を用意してください。また、贈り物には挨拶状(添え状)を付けることを忘れないようにしましょう。

贈り物自体にもタブーであるものも存在します。目上の人には「踏みつける」という意味があるスリッパやマット。赤字や火事を連想させるライターや灰皿、ファンヒーター、キャンドルも嫌がられる傾向にあります。意外なところでは真っ赤なバラも赤字を連想させるので避けた方が無難です。弔事で使われるお茶、海苔。「苦」「死」を連想させる櫛。手切れにつながるハンカチ。これらは縁起の悪いものとして捉えられることが多いです。こちらは絶対に贈らないように気を付けてください。

悪気が無くても相手の気分を悪くしてしまう可能性がある贈り物のタブー。表面上は気にしてない素振りをしていても「常識のない人」という印象を与えてしまうことはどうしても避けられません。頭に入れておいた方が良いでしょう。

贈り物のマナー

会社設立祝いの贈り物のマナーとはどのようなものがあるのでしょうか。マナーを守ることで、その後のビジネス関係を良好に保つことができるだけでなく、その他の関係者からの心証も良くなることでしょう。

まず、金額の相場ですが、関係性によって金額の大小が発生します。家族や親戚であったら30,000円から50,000円くらい。友人や知人でしたら5,000円から10,000円程度で大丈夫だと思います。取引先である場合は、その関係の親密さによって大きく変わります。10,000円から50,000程度の幅があると考えてください。

立札現金を贈る場合は必ず新札と熨斗を用意して、表書きは「法人設立御祝」「御祝」「御開業御祝」などと書いておくのが良いでしょう。水引は蝶結び(花結び)にしてください。観葉植物や胡蝶蘭を送るときには立て札を忘れないようにしましょう。贈る側には自分の会社をアピールでき、もらう側には誰から貰ったか分かりやすいというメリットがあります。

金額については関係性が重要であるため、この御祝いを機にどれだけその人にお世話になったのか再確認できる良い機会になるかもしれません。立派な胡蝶蘭を送るときには必ず立て札を付けておくことで、自分のビジネスを有利に進める可能性も生まれます。

設立祝いの贈り物

設立祝いの贈り物で喜ばれるものとはどのようなものでしょうか。せっかく贈るものですから、的外れなものを贈って困らせたくはないという人が多いと思います。ここでは、定番の贈り物を挙げていきたいと思います。

胡蝶蘭まずは現金、シャンパンや樽酒や角酒のようなアルコール類、時計、空気清浄機といったところが定番の人気アイテムといえるでしょう。そして、無機質になりがちなオフィスワークを送るビジネスマンに喜ばれるのは花や観葉植物といったものです。観葉植物の中でもユッカ、パラキ、ドラセナ、ポトスといったものは花言葉がそれぞれ「快活」「勇壮」「幸運、永遠の愛」「永遠の富」といったように非常にポジティブであるため喜ばれる傾向にあります。

花の中でも設立祝いの贈り物といったら胡蝶蘭が定番でしょう。胡蝶蘭の花言葉は「幸運が飛んでくる」という非常に縁起が良いものです。それだけでなく、華やかな見た目からゲストからの受けも良く、「胡蝶蘭を貰うほど人望がある、付き合いの広い会社」とアピールすることができます。贈り物をするにはうってつけであると言えます。

贈り物には気持ちが大切ですが、ビジネスが絡んでくる以上その贈る人のことを気遣える心配りが必要になります。縁起を担い対外的な心象も考慮することが大切です。

会社設立のお祝い

女性付き合いのある知人が会社を設立する際には、その御祝いの贈り物は欠かせません。祝う気持ちはもちろんのこと、その後のビジネスに大きく関わる関係があるからです。より良い関係を築くために会社の設立祝いの贈り物には是非気を配りたいものです。そのポイントとはどのようなものがあるのでしょうか。

定番の贈り物はいくつも存在しますが、観葉植物や胡蝶蘭といったものは人気のアイテムです。花言葉がポジティブなものを選ぶことで、お祝いのメッセージにも繋がりますし、胡蝶蘭を贈ることで、対外的なアピールにも繋がります。こういった植物を贈るときには立て札を添えることによって、その会社を訪問した人に自分や自分の会社を宣伝することにもなります。また、贈られた人にも、誰から貰ったのかすぐに分かるというメリットもありますので、必ず立て札を付けるようにしましょう。お祝いを贈る際には会社の名前を間違えない、現金は新札を用意する、挨拶状を添えるなどといった一般的なマナーも忘れないようにしましょう。また、目上の人に対しては「踏みつける」ことを連想させるものを贈らない、といった贈り物のタブーも存在します。縁起が悪いもの、赤字や火事を連想させることも避けた方が良いでしょう。

生きてる内で会社の設立祝いを贈る機会というのは、なかなかあることではありません。それだけに決めるべきところを外してしまっては赤っ恥だといえるでしょう。この記事では会社の設立祝いの贈り物について書かせていただきました。どうぞお読みください。