贈り物のマナー

会社設立祝いの贈り物のマナーとはどのようなものがあるのでしょうか。マナーを守ることで、その後のビジネス関係を良好に保つことができるだけでなく、その他の関係者からの心証も良くなることでしょう。

まず、金額の相場ですが、関係性によって金額の大小が発生します。家族や親戚であったら30,000円から50,000円くらい。友人や知人でしたら5,000円から10,000円程度で大丈夫だと思います。取引先である場合は、その関係の親密さによって大きく変わります。10,000円から50,000程度の幅があると考えてください。

立札現金を贈る場合は必ず新札と熨斗を用意して、表書きは「法人設立御祝」「御祝」「御開業御祝」などと書いておくのが良いでしょう。水引は蝶結び(花結び)にしてください。観葉植物や胡蝶蘭を送るときには立て札を忘れないようにしましょう。贈る側には自分の会社をアピールでき、もらう側には誰から貰ったか分かりやすいというメリットがあります。

金額については関係性が重要であるため、この御祝いを機にどれだけその人にお世話になったのか再確認できる良い機会になるかもしれません。立派な胡蝶蘭を送るときには必ず立て札を付けておくことで、自分のビジネスを有利に進める可能性も生まれます。